2020年センター試験が無事終わりました。

受験生の皆さん、とりあえずお疲れさまでした。

これからも、私大や国立の二次試験が控えているので、気は抜けないと思いますが、、、。

さて、そんな中、数学ⅠAの問題がかなり盛り上がっている(荒れてる?)みたいです。

箱ひげ図

何それ?

48歳のオッサン初めて聞く単語ですが・・・

 

箱ひげ図とは? 初めての人必見!!

箱ひげ図

少なくとも、30年前の数学の教科書には載っていませんでした。

昔は数学Ⅰ、数学Ⅱだったからかな?

たぶん、数学ⅠA、数学ⅡBとなってから、加わった項目なのでしょう・・・。

ちなみに、箱ひげ図とは、こんな図形です。

パッと見た目、株やFXのチャートに使われるローソク足にそっくりですね・・・

 

箱ひげ図で何がわかるかというと・・・

データの分布を表したもので、最大値最小値、どのあたりに数値が集中しているか等を把握することができます。

簡単ですが、箱ひげ図の説明についてはこれくらいにしておきます。(というか、これ以上はできません・・・)

 

2020年センター試験・数学ⅠAの箱ひげ図がエグイ!?

2020年のセンター試験・数学ⅠAの問題については反響が大きいみたいですね。

もはや、荒れているといった表現が正しいかもしれません。

一体、どんな問題だったかというと・・・

1ページまるまる使った箱ひげ図。

しかも、47本!!

どんな問題だったのかは、くわしく見ていないので全然わかりませんが、、、

もし、私が一発勝負のセンター試験でこの問題にブチ当たったら、

この図を見た瞬間、間違いなくパニック戦意消失(笑)。

 

たぶんですが、、、

基本さえしっかり学んでいれば、簡単な問題だったのかもしれません。

しかし!

ほとんどの受験生がノーマークだったのではないでしょうか?

ネットの荒れ様を見ると想像できます。

 

ですが受験生の皆さん、ため息つく必要はありません。

他の受験生も状況は同じですから。

 

<スポンサードリンク>