西武そごう話題の広告「さ、ひっくり返そう。」逆にしたが意味不明?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

 

西武・そごうの正月広告が話題のようです。

逆に読むと、意味が逆転するという。

その話題の広告とは・・・

 

西武そごう、話題の広告を逆に読んでみたが・・・

西武そごうの新年の広告を逆に読むと意味が逆転するらしい。

早速、やってみた。

 

トライ①

うそ返りくっひさ

下の方から逆に読んでいきましたが、、、まったく意味不明。

 

トライ②

返そう、ひっくり、さ

これまた、意味不明。九州人にはわからないが、関東方面では意味が通じるのか?

 

いろんな読み方を考えてみたが、どれもまともな意味にはならない。

かなりの時間悩みましたが・・・

やっと解決しました。

 

西武そごうの広告、逆から読むの真意

最初の画像は、広告の一部だったんですね(苦笑)。

広告の全体画像は・・・

炎鵬関の上の方に小さく文字が書かれています。それを書き起こしてみると・・・

大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

 

上の方から素直に読むと、、、

大逆転なんかないし、頑張るのは馬鹿らしい。諦めるのが賢明。といった内容。

ネガティブなメッセージですね(笑)。

 

それを、下の方から読んでいくと・・・

あら不思議。

崖っぷちでも、あきらめずに頑張れば、奇跡や大逆転は起こるんだ!

ポジティブなメッセージに早変わり。

ホント、不思議です。

 

【西武・そごう】わたしは、私。|炎鵬の逆転劇 スペシャルムービー

 

この西武そごうの広告は、メッセージ性が強くて、とてもいい広告だと思います。

よく考えられていますね。

しかし、今回の広告のニュースを見て、最初???だったのは私だけではないはず(笑)。

 

<スポンサードリンク>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*