桜を見る会と反社会勢力問題←自民党の戦略か?解散総選挙への布石?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

 

野党の間では、大盛り上がりの「桜を見る会」案件。

野党としては、安倍総理を引きずり降ろそうと躍起です。

野党連中の鼻息が聞こえてきそうです(笑)。

このままでは、安倍政権ヤバいんじゃないでしょうか?

いやいやいや・・・

なんか臭ってきます(笑)。

 

菅官房長官の発言がお粗末すぎて、草

桜を見る会に反社会勢力がいたことに関する菅官房長官の発言。

「結果的に、反社会勢力が入っていたのだろう。」

めちゃくちゃ無責任な発言に聞こえますが・・・

普通、内閣官房長官がこんなこと言うでしょうか?

メディアに向けて、国家の中枢にいる人が発言するような内容ではありません。

結果的には、大炎上。

しかし・・・

これは、間違いなく戦略でしょう。

 

桜を見る会と反社会勢力を口実に衆議院解散

これは、アリな戦略だと思います。

N国党の立花党首も年明け冒頭解散をにらんでいますし・・・

 

与党連合に対し、野党共闘で選挙に臨もうとしている野党。

1対1の選挙になれば、野党としても勝算が見えてきます。

ただし、いくつもある野党同士で選挙区の調整をするのは至難の業、時間がかかりそうなのは事実。

 

ただ、このまま野党の連携が進めば、間違いなく自公連立政権が厳しくなるのは必至。

自民党としては、間違いなく早い段階で解散総選挙に持ち込みたい。

で・・・

今回の桜を見る会問題。

普通に考えて、菅官房長官の発言は不自然すぎるでしょう。

内閣官房長官なら、もう少しマシなことは言えただろうに・・・煽るような無責任発言。

 

これは、間違いなく解散総選挙に向けての布石です。

まんまと乗せられた野党と国民(笑)。

今後の展開が楽しみです。

特にN国党

ホリエモン青汁王子新庄剛志、出てほしいなー・・・

 

<スポンサードリンク>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*