にごり酒と日本酒の違いとは?にごり酒の味やおススメの飲み方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

 

これから寒い時期にかけて、にごり酒のシーズンが始まります。

日本酒が好きな人にとって、にごり酒が出始めるのを楽しみにしている方もいらっしゃるでしょう。

また、にごり酒を飲んだことのない方にとっては、にごり酒ってどんなお酒なのか気になるところだと思います。

 

にごり酒を飲んだことがある方は、にごり酒がどんな味か知ってると思いますが、、、

にごり酒は、日本酒と同じような味です。

にごり酒と日本酒の違いって何なのでしょうか?

 

また、にごり酒を飲んだことのない方にとっては、、、

にごり酒って、おいしそうに見えるけど、おいしいのだろうか?

どんな風にして飲むのだろうか?

にごり酒のおススメの飲み方ってどんな飲み方なの?

など、気になるところですね。

 

にごり酒と日本酒の違いって何?

 

にごり酒日本酒違い

 

にごり酒は、文字通り白く濁ったお酒です。

にごり酒を飲んだことがある人はわかると思いますが、ほぼ日本酒と同じ味です。

と言っても、日本酒を飲んだことがない人には、わかりづらいですね、、、。

 

日本酒とはどんなお酒?

にごり酒の前に、日本酒について簡単に説明しておきます。

日本酒は、米から作られる日本独自のお酒で、古くは縄文時代から作られていたとされています。

アルコール度数は15%くらいで、日本酒特有の風味があり、作り方によって甘口になったり、辛口になったりします。

さらに、米の削り具合により、本醸造、吟醸、大吟醸といったランク分けされています。

米の削り具合が高くなればなるほど、フルーティで飲みやすくなり、高額になります(大吟醸)。

若い人などは、一般的に日本酒が苦手という人も多いかと思いますが、、、

日本酒が苦手な人でも、大吟醸を飲んでみると、日本酒の印象がガラッと変わるハズ。

フルーティで上品なので、「えっ!?これが日本酒?スーッと飲めておいしい」と感じると思います。

日本酒を苦手に思っている人は、大吟醸から日本酒に慣れていって、徐々にすそ野を広げていけば、日本酒の楽しみ方が広がると思います。

 

にごり酒とは?にごり酒と日本酒の違いについて

結論から言ってしまうと、日本酒が濁っているモノをにごり酒と呼んでいます。

なので、にごり酒=日本酒という認識でいいと思います。

にごり酒と日本酒の違いというのは、日本酒が白く濁っているか透明かの違いということです。

にごり酒と日本酒の味が似ているというよりは、同じ味だったんですね。

 

にごり酒はなぜ濁っているのか?(作り方編)

にごり酒を説明するには、まず日本酒の作り方を知っておいた方がよいでしょう。

ということで、超絶カンタンに日本酒の作り方を解説しておきます。

 

日本酒の作り方

日本酒を作るには、米と米麹と水でアルコール発酵させて、醪(もろみ)を作ります。

で、醪(もろみ)を搾ったら、日本酒の出来上がりです。

そして、残ったものが酒粕となります。

 

にごり酒がなぜ濁っているのかというと?

日本酒を作る過程で、醪(もろみ)を搾ったら日本酒の出来上がりだったのですが、、、

にごり酒は、醪(もろみ)を荒ごし(荒ろ過)します。

キメの粗い布で搾るので、余計なモノ(白い部分)まで搾り出されてしまいます。

それが、にごり酒なのです。

 

にごり酒の味はおいしいの?

 

にごり酒日本酒違い

 

にごり酒の味を語るには、なぜ濁らせる必要があるのか?をわかっておく必要があります。

にごり酒がおいしくなければ、わざわざ濁らす必要はないですからね。

 

にごり酒はなぜ濁っているのか?(風味編)

先に説明したように、にごり酒は醪(もろみ)を荒ごししたものを言います。

実は、酒粕として捨てられる搾りかすにも、うまみ成分や栄養素などは結構、残っています。

それらのうまみ成分を極力残すために、荒ごししていると考えてもいいのではないかと私は思います。

濁らせる理由はそこにあると思います。

 

にごり酒の味はおいしいの?

先ほど説明したように、うまみ成分を残したものがにごり酒です(たぶん)。

だとしたら、おいしくないハズがありません。

にごり酒のおいしさに迫ってみたいと思います。

 

にごり酒の見た目

まず、味とは関係ない部分ですが、見た目がおいしそうです。

瓶の下半分くらいに溜まっている白い沈殿物が、おいしそうに見える正体なのですが、、、

そこに、旨味が詰まっているように見えます。

まず、にごり酒を見ただけで想像が膨らんできますね。

そそらずにはおられません。

 

にごり酒は味が濃厚

にごり酒の白濁色の部分ですが、実際にトローっとしていて、とてもおいしいです。

コクがあるという表現が正しいかわかりませんが、とにかく濃厚で超絶おいしいです。

また、にごり酒はアルコール度数が高いものが多く、飲みごたえもあります。

お酒好きにはたまりませんです。

 

にごり酒のフレッシュ感

にごり酒は、出来てすぐ出荷されるのが、一般的です。

なので、とても新鮮なのです。

フレッシュでフルーティな香りを楽しむことができるので、にごり酒のおいしさは倍増します。

にごり酒は、視覚と嗅覚と味覚の3拍子揃っているので、美味しいと言わざるを得ませんね。

 

にごり酒のおススメの飲み方

 

にごり酒日本酒違い

 

日本酒には、いろいろな飲み方があります。

冷やして飲んだり、常温、ぬる燗、熱燗など、日本酒の種類によっておススメの飲み方というのも異なります。

にごり酒には、どんな飲み方が適しているんでしょうか?

 

にごり酒おすすめの飲み方とは?

にごり酒は、ズバリ、冷やして飲むのがおススメです。

寒い冬に、アツアツのお鍋と冷えたにごり酒は最高の組み合わせだと思います。

なぜ、冷やして飲むのがいいのかというと、、、

にごり酒は、フレッシュだからです。

フレッシュなにごり酒を熱してしまうと、折角のフレッシュ感がなくなってしまいます。

にごり酒の良い部分を一つ消してしまうことになるので、熱燗はやめておいた方がよいでしょう。

ただし、常温かぬる燗くらいまでは、まだイケると思いますが、、、。

 


 

以上、にごり酒と日本酒の違いや、おススメの飲み方について、まとめてみました。

まだ、にごり酒を飲んでみたことのない方は参考にしてみてくださいね

 

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*