日本酒と清酒って何が違うの?【豆知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<スポンサードリンク>

 

日本酒清酒って、同じような飲み物のように見えますが・・・

何か違うのでしょうか?

作り方が違ったり、味が違ったり、用途が違ったり・・・するのでしょうか?

結論から言うと・・・

同じものです。

えーっっっ!?

 

日本酒と清酒の決定的な違いとは?

日本酒と清酒は、同じモノと思ってもらって大丈夫です。

なので、呼び方が違うだけと思ってもらってOK

では、なんで呼び方が違うんでしょうか?

普段・・・

「今日は何だか清酒が飲みたいなー。」

「昨日、清酒を飲み過ぎたんで頭がいたい・・・」

なんて、言いませんよね?

通常は、日本酒という言葉を使うと思います。

居酒屋さんのメニューも日本酒と書いてありますし・・・。

 

では、清酒ってどんな時に使うんでしょうか?

ちなみに、日本酒のラベルとかに清酒って表記してありますネ。

結論から言うと、酒税法上の呼び方が清酒なんです。

なので、日本酒は清酒として課税されている、それだけです。

でも・・・

なんで、わざわざ清酒と呼ばないといけなかったんでしょうか?

 

税区分的には、リキュールや雑酒の日本酒もあるということ

作り手的には日本酒を作っているんだけど、国側がそれは日本酒というよりは○○でしょ?という日本酒があります。

そういった日本酒は清酒とは表記できないんです。

例えば・・・

にごり酒の五郎八(菊水酒造)。

リキュール扱いです。

昔は日本酒として販売されていたようですが、酒税法が改正されてからリキュール扱いになったそうです。

リキュールって、なんか感じ悪いですネ。

でも、飲んでみると思いっきり日本酒です。

これぞ、昔ながらのどぶろく。

この五郎八は、一度飲んだらもう他の酒は飲めない、というくらいハマる人もいます。

 

もう一つ。

アルコール度数が高すぎると、雑酒扱い。

日本酒のアルコール度数が22度を超えると、清酒ではなく、雑酒扱いになります。

 

まあ、こんな風に例外もありますが、日本酒と清酒は同じものだと思ってもらって大丈夫ですョ。

 

<スポンサードリンク>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*